千代田者(モノ)とは

「千代田区」には毎日82 万人のビジネスパーソンや学生が通います。でも彼らは、「ここ」に住んでいません。首都圏周縁から、「ここ」にある企業や学校を選んで通ってきている人たちです。82 万に含まれない、多くの出張者や外国人ビジネスマン、来街客も、「ここ」で重要な仕事をし、また「千代田区」を楽しみます。私たちは、彼らを「千代田モノ」と定義しました。
むらまち結び 千代田区エリアマップ 四角形 四角形 四角形 四角形 四角形 四角形 四角形
むらまち結び ご挨拶
むらまち結び ご挨拶
今もなお江戸城の名残をとどめる皇居と、国の三権「国会議事堂」「首相官邸」「最高裁」を擁する行政区。
そして、世界へ開く玄関口である「東京駅」と、これに続くビジネス街「大手町・丸の内・有楽町」、全国紙メディアの中枢が集積する千代田区は『最先端の情報に触れられる』街です。
一方で、「アキバ」や「神保町」に象徴されるとても人間らしい余暇から生まれた“サブカル”の街も多く、いわば『埋もれた情報を見つけられる』街でもあります。
むらまち結び ご挨拶
千代田区にこそ「千代田モノ」が集う、現場があります。
「ここ」に根を張る“千代田っ子”事業会社だからこそ、「千代田モノ」に直接アプローチできます。
彼らにリーチし、識別を獲得し、興味を持ってもらう。彼らの購買行動や、持っている商品情報を調査することで、極めて効率的な地域ブランディング、シティマーケティングが可能となるのです。
「ここ」で、貴地域のブランドが大きくプロモーションされる成功をイメージしてください。

むらまち結び 提供メニュー

2016年3月11日~18日にかけて実施した『壱岐の島ウィーク in 丸の内&神田』に即して、
提供メニューをご説明します。以下の9つのメニューの中に、ご興味のものがあれば問い合せください。

定期的相乗的 情報発信基地構築サービス

地域ブランドの構築には、具体的な商品やサービスを 定期的に繰返し販売するのが有効です。
“購入”体験からインプットされる情報は、受動的に受け取るWeb サイトやフライヤーからの情報の何倍もの深さで潜在顧客の記憶に刻み込まれます。そのための【場】すなわち【媒体】を下記のようにご用意しています。

イベント出展支援サービス(首都圏に広くプロモーションが可能)

千代田モノ【顧客】は、首都圏全域から毎日丸の内などに通ってきます。
千代田区内で発信すれば、”集客の手間”を弄することなく、顧客ターゲットにリーチ可能です。
中でも、年の節目に催される「さくら祭り」などのイベントは絶大な集客力を誇ります。
各イベントの出展スペースを地域のブランディングのために確保しています。
  • ◇さくら祭り(毎年3月末~4月初)
  • ◇神田祭り(隔年会脚 5月第2週週末)
  • ◇丸の内盆踊り大会(毎年8月第3週金土日夜)
  • ◇秋祭り(毎年11月文かの日祝日にかけての5日間)
  • ◇皇居乾通り一般公開(不定期ですが12月初旬紅葉の季節に行われます)

市場調査/企画実行

千代田モノ【顧客】に対して、さまざまなアプローチが可能です。定番企画としては下記のものをご用意しておりますが、アドホリックサーチ設計から調査結果のマーケティング活用まで、ワンストップでご提供が可能です。ご相談ください。
  • ◇丸の内OL100人に聞きました
  • 概要:たとえば、丸の内に通勤する女性だけに、調査協力をお願いする企画です。
    活用シーン:ご当地グルメ/スイーツ系製品の開発段階での試食評価など
    これ以外にも下記のようなさまざまなサーチが可能です。ご相談ください。

  • ◇神田の居酒屋客100人に聞きました
  • ◇秋葉原の訪日外国人100人に聞きました

PR戦略、SP戦略 立案・企画実行

マスメディアへのリリース・キャラバン代行、プロモーションの企画立案~制作まで 千代田モノの属性を知り尽くした専門スタッフを揃え、柔軟に対応いたします。

むらまち結びの実績



2016年3月25日~27日 千代田のさくらまつり「尾鷲まるごとヤーヤ便PR」

2016年3月11~18日 千代田区神田・丸の内エリア「壱岐の島ウィーク」

2016年2月12日 東京駅丸の内・行幸地下通路「行幸マルシェ×青空市場」

2015年8月28日~29日 日比谷公園 丸の内音頭 大盆踊り大会「信州・長野クラフトビール」

2015年7月31日 SALT & SOIL(東京都千代田区飯田橋)「地産千消 ペアリングフェア」

2015年3月27日~29日 千代田のさくらまつり「尾鷲まるごとヤーヤ便PR」



 
2015年8月、日比谷公園 丸の内音頭 大盆踊り大会で、東京ケーブルネットワークの取材を受けました

むらまち結び わたしたちの歴史

むらまち結び わたしたちの歴史

会社概要

正式社名 一般社団法人 むらまち結び
設立 2015年4月1日
役員等 代表理事: 山本久喜(千代田区商工業連合会会長)
理事: 米倉伸三
理事: 佐野栄二
理事: 二村宏志
理事: 吉岡有一郎
理事: 長瀬千鶴子
社員: 岡村比都美
社員: 株式会社光邦
社員: 大和綜合印刷株式会社
社員: 千代田オフセット株式会社
社員: 有限会社東京共成社
社員: 東洋美術印刷株式会社
社員: 中俣拓哉
社員: 株式会社ヒロモリ
社員: 株式会社ミイレー
社員: 株式会社れいめい
目的 千代田区内及びその周辺に存在するブランド資源を用いて、地方自治体及び 関連事業者の発展、活性化を図ることを目的とする。
主事務所 〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-7-4 飯田橋グランプラス2階
関連団体 千代田区商工業連合会

(2015年6月1日現在)

▲ページの先頭へ戻る





    

copyright © むらまち結び all rights reserved.